VIO脱毛で失敗しない為に知っておきたいこと

トラブルは最小限にしたい!VIO脱毛で気をつけること

先々のことも考えて

電車やネット広告など様々ところで目にするVIO脱毛。暑い時期になると肌を見せることが多いため、ワキや腕、脚の脱毛はしたことがあるという方は多いのではないでしょうか?
普段人に見られているところの脱毛って、そんなに抵抗なくお願いできるんですが、デリケートゾーンをいくらお店の人とはいえ見せるのはとても恥ずかしかったり。
でもケアをしておくことで、面倒な処理をすることもないですし、中途半端な状態に気付かず恥ずかしい思いをすることがぐっと減ります。
VIO脱毛とは、Vライン(ビキニライン)、Iライン(大陰唇、小陰唇の周囲からOラインまでの部分)、Oライン(肛門周囲)の頭文字を取り、その部分の脱毛をすることです。
ここで注意が必要なのですが、Iライン部分は女性器周囲を指し、とてもデリケートな部分で粘膜があります。粘膜の部分の脱毛については、多くの脱毛サロンでは行ってもらえません。粘膜から生えているものがある場合は、対応してもらえませんので、この場合は医療脱毛クリニックを利用することになります。
Iラインの脱毛は、生理中の汚れや汗をかいたときの蒸れを解消してくれたり、というメリットがあります。蒸れがなくなると、臭いも軽減される可能性がありますから、臭いや衛生面で悩んでいらっしゃる方には良いと思います。
なぜOライン?と思われるかもしれませんが、ここも毛が生える場所なんです。そんなに毎日肛門の状態をチェックしているという方はいないでしょうが、排便時に便が付着してしまっていることもあるため、衛生面を考慮してもOラインは脱毛した方が良い箇所なんですよ。
脱毛後を快適に過ごすためにも失敗は避けたいですよね。起こりやすいトラブルをいくつか挙げてみました。